クリアネイルショットを使う前ににごり爪のおさらい。

今回は、クリアネイルショットを使う前ににごり爪のおさらいをしたいと思います。

にごり爪はカビの一種である悩みのタネが爪に進入して悪さを起こし、それが原因で移ってしまった爪が白く濁り、徐々に白色から黄色から黒へと変色していき、放置していると膨張している爪が脆くなり、剥がれ落ちてしまい、足や指先とかに悪影響を及ぼすため、早期的な発見と治療が大事となります。

 

自分もにごり爪を経験した事がありますが、幸い発見が早かったので内服薬と外服薬による治療によって治す事ができております。

薬を使った治療以外にはレーザー治療や手術によっての対応がありますが、にごり爪の酷さによって対応方法が異なる感じとなっています。

 

ちなみににごり爪は10人に1人はなっていると言われているので気をつける必要があり、日頃からの対策が大事となってきます。にごり爪の怖さについては重症な部分があった場合は靴や靴下とかも履けなくなってしまい、歩行困難になったりする事があります。

 

他にも糖尿病の合併症によってにごり爪が起こる事もあったりするのでこちらも警戒する必要があります。

にごり爪は他の人にも感染する恐れが高いため、ほんとに気をつけなければいけないのであります。

人に移さないためにも、クリアネイルショットを使うのは大事なことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です