クリアネイルショットとにごり爪の症状。

クリアネイルショットでにごり爪を治そうとする場合に気をつけないといけない事があります。

それは、まずはにごり爪である事の確認ですね。

どうしてそんな事をいうかというと、にごり爪の症状としてよくある足の親指の爪が黄色く濁って、硬くなるっていうのがありますよね。

これに似た状態になったとしても、それがにごり爪ではないケースがあるからなんですね。

違う爪の病気であるにもかかわらず、クリアネイルショットで悩みのタネ対策して治そうとしても当然ですが、治らないです。

ですので、もし自分の爪が黄色く濁って硬くなってきたら、まずは皮膚科などに行き、にごり爪であるかどうかを確認しましょう。

皮膚科にいけば、爪ににごり爪の原因である悩みのタネがあるかどうかを顕微鏡でチェックしてくれます。

そして、悩みのタネの存在が確認されれば、それはにごり爪である事が確実と考えられるので、その時点ではじめてクリアネイルショットを使ったいくのが正しいにごり爪の治し方といえます。

にごり爪に効果的であるクリアネイルショットといえども、治そうとしている病気がにごり爪でなければ効果はないですからね。当たり前ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です