カテゴリー別アーカイブ: クリアネイルショットの口コミや効果など

クリアネイルショットの効果を感じられないって?

クリアネイルショットにも当然ですが、効果を感じられない口コミがいくつもあります。

その主な内容としては、短期間の使用で断念してしまったものから、長期感頑張って塗り続けたけれども最終的に効果を感じられなかったものまで様々です。

さて、ここで一つすごく大切な事を話しますと、クリアネイルショットを使う前に実はすべきことがあるんですね。

それって何だと思いますか?

それは、皮膚科で今の爪の症状は水虫が原因であることを確認する事。

爪水虫には確かに効果的なクリアネイルショットですが、爪水虫でない症状には効果がありません。

これは一見すると当たり前のことかも知れないですが、すごく大切。

例えば、クリアネイルショットを1年間にわたって使ってみたけれど、効果がなかったなんていう話になったお金も時間も無駄に終わってしまいますよね。

実際に口コミの中にはそうしたコメントがちらほら見かけます。

爪が綺麗になって良かった、本当に嬉しい、と言う一方で陰とも言うべき出来事もあるわけです。

爪水虫の症状に似た病気には厚硬爪甲などがありますが、もし今クリアネイルショットを使ってみて、症状が和らがない、根元からちっとも綺麗な爪が生えてこない、そう思っているのであれば絶対に一度皮膚科に相談するべきです。

爪水虫でない可能性がありますから。

 

クリアネイルショットのアマゾンや楽天の口コミでは

クリアネイルショットの口コミはアマゾンや楽天でも見ることができますが、見れば見る程本当に実感できていない人と実感ができた人のコメントに開きがあるように感じます。

ある人は、爪が綺麗になっていくのが嬉しくて嬉しくて、というコメントをしている一方で、ある人は半年以上ちゃんと付けていましたけど全く効果がありませんでした、というコメントもあります。

クリアネイルショットは【効果なし?】口コミと楽天とアマゾンの通販でも、爪水虫は治らなかった、治ったという意見の違いがありますし、評価も全く正反対をしている人がいます。

この違いはどこにあるのでしょうか?

おそらくですが、長期間クリアネイルショットを使ったけれども、全く効果がなかったという人は爪水虫ではない可能性がるあると思います。

爪水虫ではない?ってどういう事?と思うかも知れないですが、クリアネイルショットには爪水虫の原因菌である白癬菌を殺菌するための成分はしっかりと入っていますし、それにその成分を爪の奥深くにまで浸透させる事もできるように作られています。

それでもどうして治らないのか?といえば、そもそも爪水虫ではない可能性が非常に高いとしか考えられないんですね。

爪水虫に似た病気には、厚硬爪甲、爪甲剥離症、乾癬などがありますが、医学的な知識がない人はもちろんですが、医学的な知識があったとしても、見た目だけでは爪水虫との区別が付きにくいものだと言われています。

仮にこれらの爪の病気であるにも関わらず、クリアネイルショットを使っていたとしても、なかなか治らないのはある意味当然です。

クリアネイルショットは爪水虫の原因である白癬菌を殺菌するためのジェルですが、白癬菌が原因でない厚硬爪甲、倉庫剥離症、乾癬に対してクリアネイルショットを塗っていたとしても症状は改善されません。

爪水虫の治療をしていくうえで一番大切なのは、実はまずは爪水虫だという事を診断してもらって確定させる事にある、と言っても良いのではないかと思うんですね。

クリアネイルショットは毎日塗り続けてこそ。

クリアネイルショットは毎日塗り続けてこそ意味があります。

既に、爪水虫の治療を経験した事がある人なら分かると思いますが、毎日塗っていても、なかなか綺麗な爪が生えてこずにほんとに効果があるのかな?実践していく意味があるのかな?と感じてしまう事もあると思います。

ですが、クリアネイルショットは、爪の奥深くにいる白癬菌を殺菌するために、白癬菌に対して効果のある殺菌成分と、その殺菌成分を白癬菌がいるところに届ける浸透力をがあります。

毎日続けていればちゃんと効果が感じられるようになっています。

ただし、毎日続けていないとどうなるか?というと、やっぱり爪水虫は治りにくいです。

白癬菌の何もないところでも24時間以上生き続ける事ができる菌です。

そして、放置しておくと、その間に人間の皮膚や爪、それに髪の毛などに棲みついてしまいます。

今いる白癬菌対策だけではなくて、これから感染しようとしてくる白癬菌のことを考えてもクリアネイルショットは毎日塗り続ける必要があるんですね。

めんどうに感じかも知れないですが、それが爪水虫を治していくために不可欠な事なんです。

クリアネイルショットと爪水虫の症状。

クリアネイルショットで爪水虫を治そうとする場合に気をつけないといけない事があります。

それは、まずは爪水虫である事の確認ですね。

どうしてそんな事をいうかというと、爪水虫の症状としてよくある足の親指の爪が黄色く濁って、硬くなるっていうのがありますよね。

これに似た状態になったとしても、それが爪水虫ではないケースがあるからなんですね。

違う爪の病気であるにもかかわらず、クリアネイルショットで白癬菌を殺菌して治そうとしても当然ですが、治らないです。

ですので、もし自分の爪が黄色く濁って硬くなってきたら、まずは皮膚科などに行き、爪水虫であるかどうかを確認しましょう。

皮膚科にいけば、爪に爪水虫の原因菌である白癬菌があるかどうかを顕微鏡でチェックしてくれます。

そして、白癬菌の存在が確認されれば、それは爪水虫である事が確実と考えられるので、その時点ではじめてクリアネイルショットを使ったいくのが正しい爪水虫の治し方といえます。

爪水虫に効果的であるクリアネイルショットといえども、治そうとしている病気が爪水虫でなければ効果はないですからね。当たり前ですが。

クリアネイルショットは薬ではないですよ。

クリアネイルショットって爪の水虫を治すためには効果的だという話がネット上では多いみたいですが、たぶんですが、多くの人がしている勘違いとして薬ではないっていうのがあります。

クリアネイルショットは爪水虫に対して効果があるとされている成分がたくさんん入っていますが、だからといって薬ではないので、医学的な見地からすれば他の水虫の薬の方が効果的だという事も考えられるんですね。

ただし、残念な事に、市販されている爪水虫用の薬っていうのは、効果がある人がいる一方で、全く効果がなかったというケースもかなり多く見られます。

そのことを考えれば、爪水虫を治すためには薬であるかどうかという話よりも効果的かどうかの点で何を使ったら良いのかを考える事は大事な事だと思います。

クリアネイルショットは効能評価試験と呼ばれる試験に爪水虫について効果があるとされているので、その点においてはある意味爪水虫の薬よりも一定の効果を期待しても良いといえるものかも知れないですね。